コピー機の導入は見積もりで比較検討する

オフィスにリースで導入するコピー機は、なるべく費用が安く高性能な複合機で、一枚のコピーにかかる単価が最小限に抑えられるものがベストです。



そのためにはコピー機を取り扱う各社から見積もりを提示して貰い、比較検討しなければなりません。



アフターメンテナンスは充実していますが、年契約なので何か不都合があった場合、途中解約が原則として出来ません。



解約できても残りのリース代は支払わなければならないので、コピー機の導入時は、各社の担当者への綿密なヒアリングが何よりも大切です。

確認すべきポイントは二点あります。
ひとつは上記した通り、費用の見積もりです。

基本的に見積もりは無料にて行われるので、まずは提示して貰えるよう手配しましょう。



月々のレンタル料金に加え、白黒・カラーそれぞれ一枚幾らというカウンター料金が付随します。


費用を抑えたい時は、本体のレンタル料金よりも、カウンター料金の安さを重視する方が良いでしょう。



また、それをもとにして担当者と直接相談をするのですが、その際に聞かなければならないのがふたつ目、機体が丈夫か否かを直球で質問する事です。



というのも、コピー機は消耗品と捉えるべきだからです。

例えば、紙の補充やトナーの交換などは、人為的に行わなければならない作業です。
そうすると紙の入れ方が少しずれてしまったり、折れ曲がったりしていたら、コピー機は紙詰まりを起こし、故障の原因となり兼ねません。



そう言った日常的の些細な不備が蓄積されても、不具合の起こりにくい丈夫な機体を勧めて貰えるよう、率直に質問する事が大切です。



関連リンク

コピー機の導入は見積もりで比較検討する


オフィスにリースで導入するコピー機は、なるべく費用が安く高性能な複合機で、一枚のコピーにかかる単価が最小限に抑えられるものがベストです。そのためにはコピー機を取り扱う各社から見積もりを提示して貰い、比較検討しなければなりません。...

コピー機の見積もりを簡単にインターネットでしよう


コピー機の見積もりをインターネットで簡単にできるようになりました。オフィスに合わせた様々な機器を、それぞれの状況に合わせて見積もりができます。...